DOMINISTORE

2020/07/21 18:21


航路で、
利尻島、礼文島、そしてロシアへの玄関口となるここ稚内市。
「以前は、ロシアからの漁師たちが豊漁の糧とともにこの街を訪れ、
 毎日がお祭り、銀座のようでした」と、
あるBarで教えていただきました。

今日は『天然温泉 天北の湯 ドーミーイン稚内』から、
サイクリング、献血、スヌーピー、旅行、温泉が大好きな、
チャーリーいんこがお送りします。


こんにちは!
JR稚内駅からすぐに見える当館。
夏なら徒歩2分。
真冬なら…4分くらい…


----------------------------
ドーミーイン稚内の、ここがオススメ!
----------------------------

当館の自慢は、
全国のドーミーインの中では平均年齢が高く、
アットホームで、
ここぞという時に素晴らしい団結力を発揮するスタッフです!
全175室のうち、約半分がツインルームという構成で、
ビジネスのお客様だけではなく、
観光のお客様にも多くお越しいただいています。
当館のスタッフが、どんな目的でお越しいただいても
安心してお過ごしいただけるようにサポートいたします!
ロシアからのお客様もいらっしゃるので、
意外に国際的な雰囲気なんです。

そんな当館自慢の「ご当地逸品料理」は、「豪快盛海鮮丼」!
3月の朝食のリニューアル後も海鮮の具材が増え、
さらに豪華になっています!
お客様からも大好評!食べられたことのない方は是非ともご利用ください!!
イクラすごいです。



さて、この「豪快盛海鮮丼」が、7月中旬から、なんと種類が4種類に!!!
イクラ丼、サーモンとイクラの親子丼、イカ甘海老丼、マグロ丼になります(名前は仮称です)。
それぞれお好みで、トッピングもOK!!

そしてもうひとつ。
最北の地の情景を、
最上階にある大浴場からお楽しみください。
こちら、
地元の漁師さんとの交流から手に入れることができた道具を演出に使ったりしています。
そんなこともお楽しみいただければ嬉しいです。


----------------------------
稚内のイベント情報
----------------------------

【パシフィックアジアカーリング国際大会】
11/7(土)~14(日)
今年の6月、稚内市みどりスポーツパークに、
屋内のカーリング場がオープン。
ここで、世界選手権の出場をかけたパシフィックアジアカーリング選手権大会が開催予定です。
国内開催は6年ぶり、道内開催は21年ぶりで、10カ国・地域が参加するそう。
昨今の冬季オリンピックや世界大会での日本人選手の活躍もご記憶でしょう。
ここ稚内では、カーリング熱が高く、
私も含めてすごく楽しみです!


稚内市みどりスポーツパーク


----------------------------
オススメの銘店!
----------------------------

【洋食のボリューム亭】
口コミでも「ハンバーグがたまらない」「ウワサどおり」などのコメントがたくさんあります。
平均年齢高めの当館スタッフでも、
思わずすぐに食べたくなる「the洋食」です。

【スープカレー プチGARAKU】
東京にもあるお店ですが、
スープ、スパイス、お米、そして野菜にこだわり抜いた
旨味たっぷりのカレーです。
やっぱり大好き。


【すし竜】
「ボタンエビやホッキ貝、ホタテ貝など、稚内近海に揚がる季節ごとの味覚を満喫できる。」(ホームページより)。
稚内の貝、個人的には大好きです。ツブ貝もぷりっぷり!


【車屋・源氏】
当館でもご当地メニューとしてお出ししているたこしゃぶ。
その発祥のお店です。

【間宮堂のホタテラーメン】
地元のぷりぷりホタテを使ったラーメン、
スタッフの日常食です。

----------------------------
観光名所!
----------------------------

ずらっと参ります!
詳細は、当館でご説明いたします!

★宗谷岬

↑これは冬の宗谷岬。

★稚内公園
★北防波堤ドーム
★ノシャップ岬
★瀬戸邸
★百年記念塔
★JR最北端駅
★白い道
★豊富温泉とジンギスカン

----------------------------
こっそり穴場
----------------------------
「こっそり」と言いつつ、
こちらもどどっと参ります!

★稚内夜景
★北門神社からの眺め
★サハリンが見える
★利尻島
★礼文島
★至る所に鹿がいる
★夕日がきれい
★大型風力発電の下に道がある
★とれたての銀杏草が食べれる
★宗谷黒牛の放牧
★稚内牛乳
★大型シマホッケがお手頃価格で食べれる




しゃけいんこ

-----------------------------

北へ北へ!



-----------------------------

『ドーミーインめぐり』 バックナンバー!