DOMINISTORE

2020/07/13 17:39

本日は東北から!
『天然温泉 南部の湯 ドーミーイン本八戸』。
ドライブとラーメン食べ歩きが好きな、
シナチクいんこがお届けします!

実はこの力作を見るまで、
あまり八戸のことを知りませんでしたが、
いま、猛烈に行ってみたい…
Go To 本八戸!


みなさま、こんにちは!
当館は JR八戸線「本八戸」駅から徒歩約11分。
本八戸の中心街にございますので、
徒歩圏内で近場の居酒屋、飲食店、交流施設等がございます。
立地は最高です!

----------------------------
ドーミーイン本八戸の、ここがオススメ!
----------------------------

まずは「いらっしゃいませ」「おかえりなさいませ」。
ウェルカムドリンクとして、ロビーには
コーヒーや青森県の代表と言えるりんご100%ジュースを提供しております。
当館のりんごジュースは、味が濃く、ぎゅっと濃縮されていて、
りんごをそのまま食べるよりも、りんごっぽいとか…。

そしてやっぱりここ。13階にございます大浴場。
露天風呂から見える景色が絶品でございます。(特に夜!)
八戸市内を一望ができ、お客様からも大好評!!
口コミもたくさんいただいております。
一日の疲れが吹っ飛び、しっかり癒されますので、
ぜひお越しくださいませ!

それからそれから!
当館の朝食、ご当地逸品料理はこれ!
醤油味仕立ての青森の味「せんべい汁」。

2012年のB-1グランプリでゴールドグランプリを受賞した
八戸を代表する郷土料理です!
肉、魚、野菜そしてきのこ等でダシを取った汁の中に、
塩と小麦粉でつくる鍋用の「せんべい」は、
煮込んでも形が崩れにくい専用のものを使用しています。
八戸地方では古くから食べられてきました。
出汁がせんべいに染み込み、モチモチだけど芯が残る、アルデンテが食べごろです!

ほかにも、まぐろの漬け、イカ、ねぶた漬けなどの地物をご用意!
又小鉢等もございます!出来立てをご提供中です!

そんな当館ですが、
やはりほかのドーミーイン同様、
笑顔が絶えないスタッフが「オススメ」です!
支配人を筆頭に、皆個性溢れてるスタッフが多い!
特にフロント永井さん!(見てるだけでおもしろい!)
次にお越しいただく時には、
いろんなスタッフをじっくり鑑賞してみてください!

----------------------------
本八戸のイベント情報
----------------------------

【八戸朝市】
全国的にも有名で、観光案内サイトでは「カオス」とも表現される、
あの八戸朝市が7月5日(日)から再開となっております!
約200店舗が立ち並び、
おいしい魚介類や、麺、肉、野菜、粉ものなど
あらゆる食材が現地で購入や食べ歩き等が出来るのです!
時間は日の出(3時ぐらい?)~8時までとなっております。


↑イサバのカッチャ。何でしょうね〜。

再開後は、入り口テントで体温やマスクの自動検知や、会場内に除菌液を設置するなどの対策がされています。
朝市まで行く交通機関については循環バスもございます!
電車なら、JR八戸線、本八戸駅から約7分、陸奥湊駅で下車。
徒歩10分程度です。

【手作り村 鯉艸郷(りそうきょう)】
十和田市にございます施設。
一年中、さまざまな花が一面に咲きほこっています。
6月から7月上旬にかけてはの時期ですとルピナス、
7月中旬は花菖蒲やポピー、そして7月下旬頃までは紫陽花、
今からはブルーベリーのつみとり体験が始まります。
目の保養になり、癒されること間違いなし!
カブトムシ観察会など多くの体験や見学など出来る施設となっておりますので、
ご家族でぜひ訪れてくださいませ。


----------------------------
オススメの銘店!
----------------------------

庶民的で、風情があって、もちろん美味しくて。
1泊じゃムリ〜、でございます。

【さばの駅】
ドーミーイン本八戸から徒歩圏内にあるお店。
八戸は前沖サバが有名なんです。



【みろく横丁(屋台村)】
約26店舗ほどの店が立ち並んでおります。
地物がメインで、地酒 小料理屋、どこも美味しく雰囲気あるのですが、
私達スタッフのオススメは「ちから屋」さんと言う屋台屋です。
青森県のおいしい田子(たっこ)にんにくを使用したお店です。
 


【いろんな横丁】
れんさ横丁、ロー丁れんさ街、ハーモニカ横丁、八戸昭和通り、たぬき小路。
昭和にタイムスリップしたような小料理屋さんが立ち並んでいます。


【八食センター】
八戸の新鮮な魚介類などがある施設となっております。
お土産や食堂も完備しており、
そのお店で購入した海産物を七輪で食べる事もできます。
当館から循環バスで約20分程。

【宝来食堂】
当館から徒歩10分の所にございます小さな食堂。
ラーメンがなんと200円!!!
また、定食は、おかず2品とごはんとお味噌汁で350円!

【みなと食堂】
当館からバス、車で約10分!
陸奥湊駅の近く!
全国でもTV放映された、あの“ひらめの漬け丼”!
ぜひご賞味ください。

↑写真を撮ってる私の腕が悪いんです!!ここ、お店です!!!


【ほこるや】
当館から徒歩5分。
大正モダン建築の趣ある空間で味わう《青森自慢の郷土料理と地酒》。
県外からのお客様との会食や接待、観光に最適。
個室・半個室のご用意もあります!


----------------------------
観光名所!
----------------------------

【蕪島(かぶしま)】
八戸のシンボルです!
海沿いに面していて、階段をのぼると神社があり、
うみねこの繁殖地と言われております。
神社では、ひょうたんのお守りがご利益があると言われております。
金運アップとも言われておりますので、お立ち寄りの際はぜひ!
当館から八戸線で15分、鮫駅で下車。


【是川縄文館】
平成元年(1989)7月に風張1遺跡から出土し、
平成21年(2009)7月に国宝に指定された「合掌土偶」。
また、是川石器時代遺跡から出土した縄文時代の漆器や木製品など、
当時の工芸技術の高さを物語る出土品が多数見られます。
毎週日曜日には、火起こしや縄文土器づくりなど
様々な縄文体験ができるコーナーも開催。
当館からバスで20分~30分、お車では15分ほど。

 

【八戸キャニオン】
露天掘りの石灰石鉱山で、正式名称は八戸石灰鉱山。
採掘場の広さは東西1,000m、南北1,800m、現在の最深部は海抜−170mで、
国内で最も空が遠い場所と言われています。
採掘場内に立入りはできませんが、
鉱山展望台からその圧倒的なスケールを感じることができます。
鉱山と八戸港の専用埠頭、八戸セメント株式会社さんを
総延長約10㎞の地下ベルトコンベアで結び、石灰石を輸送しています。
当館からお車で40分ほど。

【はっち】
正式名称は八戸ポータルミュージアムです。
八戸の玄関口という意味があります。
ここで八戸の情報を手に入れて、まちなかや観光地に誘う役目があります。
愛称の「はっち」は公募から生まれました。
八戸の「はち」を親しみやすくしたものと、
卵のふ化や出入口などを意味する「hatch」にもちなんでいます。
当館から徒歩5分。近い!



【こどもの国】
37ヘクタールの広大な敷地に、
さまざまな植物を見ることができる「緑化植物園ゾーン」、
ジェットコースターなどを備えた「遊園地ゾーン」、
北限のサルや小動物と触れ合える「動物放牧ゾーン」など
9つのゾーンから構成される、八戸を代表する公園。
八戸市内最大の桜の名所であり、
4月下旬~5月上旬頃にはソメイヨシノ・ヤマザクラ・ヤエザクラなど約2,000本の桜が開花し、多くの花見客が訪れます。
当館から車で約30分です。


----------------------------
こっそり穴場
----------------------------

【葦毛崎展望台(あしげざきてんぼうだい)】
鮫角灯台前の岬にあります。
太平洋戦争末期には旧日本軍が軍事施設として使用していましたが、
現在は展望台として一般開放されています。
太平洋を見渡す素晴らしい眺望が満喫できるビュースポットです。
種差海岸(たねさしかいがん)遊歩道の起点で、
ハマナスをはじめとした季節ごとに咲き乱れる花々を観賞しながら散策できます。
ふもとの売店のソフトクリームも人気!

【三陸復興国立公園】
八戸市から福島県相馬市までの約1,000kmを結ぶ「みちのく潮風トレイル」。
人と自然の織り成す風景や東北の暮らし・文化を、
歩いて感じることができる長距離自然歩道です。
その中でも、多彩な見どころのある種差海岸を日帰りトレッキングして、
移り変わる景色を楽しみませんか?
ほんとに気持いいんです。


【八戸大橋 (夢の大橋)】
八戸港と新井田川河口に位置し、1976年(昭和51年)に開通。
橋梁の長さは1323.7m。連続箱桁形式の橋梁で、
青森県で一番長い橋梁であり、八太郎大橋と共に八戸港の沿岸部の港湾道路を繋いでいます。
八戸大橋は、八戸市を代表する橋の一つで、
市民からは“夢の大橋”として親しまれています。
その大橋からみる景色が最高!

【波光食堂】
SNSで、こちらの磯ラーメンが美味しいと評判!
磯ラーメンですが、うに、海老、貝、わかめ、蟹の足と、
具材はまさに磯ラーメンという名にふさわしい内容で、
麺は細いちぢれ麺です。
ラーメンのスープも海鮮の味が染み出したとても美味しいスープですし、
海鮮類もプリップリです!


【八戸小舟戸】
お子さま連れでも楽しめます!
日本酒も飲める八戸市の美味しい割烹料理・小料理屋。
見た目にも美しい日本ならではの海の幸をとことん満喫できると、
多くの食通が足しげく通っている魚介料理の人気店です。
それぞれの季節によって旬で一番美味しい魚を提供してくれることもあり、
食事からも季節を感じられるほどだと話題になっています。
広大な海を見渡せる抜群のロケーションも、食欲を増させてくれると評判です。


【モカ(岩手県久慈市)】
ドラマ「あまちゃん」では、
時折「喫茶リアス」が劇中で登場しましたが、
そのモデルとなった喫茶店が久慈市内にあります。
久慈駅から歩いて2~3分のところに、
茶「モカ」があります。
そこのお店で販売しているたまごサンドが絶品!


以上、本八戸からお届けしました。
今年はコロナの影響で中止になりましたが、
三社大祭が目の前で観覧でき、
加えて、八戸花火大会も天気よければ見える、
そんな『天然温泉 南部の湯 ドーミーイン本八戸』で、
スタッフ全員、皆さまのお越しをお待ちしています!
Come To 本八戸!


南部鉄器いんこ

-----------------------------



-----------------------------

『ドーミーインめぐり』 バックナンバー!