DOMINISTORE

2020/06/18 19:20


2020年、新しいドーミーイン誕生!?

というのは言いすぎでしょうか。

この三ヶ月間、
より安心に!そして、より快適に!お過ごしいただけるように、
スタッフ総出で
すべてのサービスを見直しました!
私達にとっては、
未来につながる基礎を作り上げることができたと確信しています!
そういう意味では、
「新しいドーミーイン」なんです。

そして、
そんなドーミーインを作り上げたDOMINISTA達の、
「お客様にお会いしたいパワー」と
「やっぱり地元が大好きエネルギー」は上がるばかり!

皆さまの笑顔をお迎えする準備は、
毎日万全です!

さぁ、そんな全国83箇所のドーミーインから溢れる声、
今日からお届けしていきます。
お祭りの沿道から聞こえてくる元気のいい掛け声と思って、
ご覧ください!


『ドーミーインめぐり』

スタートは、
7月から本格的なラベンダーシーズンを迎える
ラビスタ富良野ヒルズから、
スキーとお酒が大好きな
ラベンダーいんこの声をお聞きください!

「ラビスタ」という名前ですが、「眺望」という意味です。
れっきとしたドーミーイン一族です。


----------------------------
ラビスタ富良野ヒルズの、ここがオススメ!
----------------------------

【眺望!】
富良野市は、東に北海道の背びれと言われる大雪山系十勝岳連山、西に夕張山系芦別岳を望む盆地。最上階の大浴場(紫雲の湯)からぐるりと眺める山々の景色は圧巻です!!なせ、「ラビスタ」になったか、理由は一目瞭然!

【好評の3つの貸切風呂!無料!】
芦別(あしべつ)、山吹(やまぶき)、白樺(しらかば)。
それぞれ特徴あるつくりで湯温もそれぞれ。
岩風呂の芦別は40℃、ひのき風呂の山吹は41℃、壺湯の白樺は42℃となっています。


【設え!】
正面玄関では、北海道産の大きな板がお出迎え。左から楡(にれ)、樺(かば)、梻(たも)。この1枚板、うわさによると一枚100万円だそうです!?


----------------------------
オススメの銘店!
----------------------------

富良野はTVドラマ「北の国から」のロケ地として使われた飲食店が現在も営業しており、ファンの方々を楽しませてくださっています。私がお薦めする2店は、「ふらのへそ歓楽街」というところにあります。

【BAR潮(うしお)】
BAR駒草という名前で、田中邦衛こと五郎が入れ込んでいた「こごみ」という女性が働いていたBAR。

【炉ばた】
囲炉裏で温めた土瓶酒は絶品!何を注文しても美味しい、といわれるほど、富良野料理を堪能できるお店です。

----------------------------
観光名所!
----------------------------

【ニングルテラス】
アイヌ語で「ニングル」は小人、妖精という意味です。本当に大きな葉っぱの下に小人がいそうな場所で、遊歩道を歩いていくと、ろうそく、石鹸、木彫りアート、などといったハンドメイドの専門店があります。
※7/1からオープン予定!
→ラビスタから車で15分

【深山峠】
みやま峠。上富良野から美瑛に向かう途中にある峠で、
2000メートル級の山が5つ並ぶ十勝岳連山を一望!
※7/1からオープン予定!
→ラビスタから車で約30分


【ファーム富田】
ラベンダー農園。無料で入ることができ、園内ではお土産も買えます。
ラベンダーの研究所、ラベンダーの油を抽出する場所なども観覧することができます。
→ラビスタから車で15分


----------------------------
こんな楽しみも…
----------------------------

【スナック全般】
地域がら、周辺の飲食店は22時を過ぎるとほとんど閉まってしまいます。そのため、「食事を出すスナック」がたくさんあります。乾きものではなく、本格的なパスタや、自家製カレーライス、その日釣ってきたワカサギの天ぷら…。
スナックなのにマスターがいて、ジビエ料理を出す店などもあります。1件目からスナックに行ける富良野飲食店事情が面白いと思います。

-----------------------------