DOMINISTORE

2020/04/08 11:37


本日は、とあるDOMINISTAのお話です。

フリーランスいんこ。

複数の企業から仕事の依頼を受け、
お客様の職場で机を借りて、
仕事をしておられます。

最近は“出社先”企業のテレワーク化によって、
“出社”しない日が続くとのこと。
この先いろんな不安もありますが、
職場となった「我が家」もなかなか大変なようで、
逃げ込んだ先は、ドーミーインだったそうです。
ご本人からレポートが届きました。

こんにちは。

企業への出社も控えるようにとのことで、
ほぼ毎日自宅で仕事をしています。
気分転換にカフェを利用することもありますが、
そんなに長い時間座っていられないし、結局は自宅で仕事をすることが多くなります。
しかし、その“仕事場”には、休校で体力とストレスを持て余した10歳の息子が…。
この時ばかりに息子孝行しようとしたものの、体力は2日ももたず、
ビデオ会議中にも割り込んで来るし…

シェアオフィスやコワーキングスペースも決して安くはないし、
結局は人が集まるところだし…

その時ニュースで見たのが、ビジネスホテルやカラオケボックスのデイユースでした。

自宅外、個室、Wi-Fi…これはいいかも!

一度どんなものかやってみようと思案。
価格優先でカラオケボックスにするか、
居室として設計されたビジネスホテルにするか。

いろいろ検索した結果、
やはり何度か宿泊で利用しているドーミーインを選択しました。
事前に電話で確認すると、デイユースはいわゆる素泊まりの日中版のようなもので、
ホテルの施設は宿泊者と同じように使えます。

そこで予約したのは、都営大江戸線や三田線の春日駅から徒歩5分にある「ドーミーイン後楽園」。
その時出ていたデイユースのプランは、大きくは滞在時間に応じて2種類で、
4時間とか7or8時間のプラン。
そこに、チェックイン時間を組み合わせるという感じです。
棟によっては、「24時間いつでもチェックインOK」とありますが、
本当に素泊まりのショートステイと同じなんですね。
へぇ〜〜〜、です。



今回は、15時からチェックイン可能な7時間プラン(税込6,000円)を利用しました。
その名も「Refresh★Express」。
仕事なのでリフレッシュじゃないですけど…。



ドーミーイン後楽園は、建物の1Fにコンビニと書店があり、とても便利。



まずはコンビニで軽食を買って、2Fフロントで15時15分にチェックイン。
いまからきっちり7時間、22時15分まで利用することができ、延長も可能(有料)とのことでした。
あたたかいおしぼりで顔を拭き、ルームキーを受け取り、部屋へ。


部屋の中にも引き戸の仕切りがあり、
廊下の音も聞こえにくいし、何より個室を感じられるので、
これは落ち着きます。
ビジネスホテルなので、アメニティももちろん設置。
ドーミーインです。



さて、いつも自宅では、ノートパソコンに外部ディスプレイをつないで、
メールやSNS、ファイルを見る画面と、作業用の画面で分けていて、
これに慣れてると、ノートパソコンの画面一つで長時間の作業はちょっときつい。

そんな私は、HDMIケーブルも持ち歩いているので、
部屋のテレビに接続してみました。





ばっちりマルチで映ります。
テレビは、PC用ディスプレーとは違って文字等は少し読みづらいですが、
情報として見る分には十分。
映像ならまったく問題ありません。
仕事の環境は“ととのい”ました。
デスクが横に細長いので、多少の狭さは仕方がありませんが、
画面が2つあるのは、やはり落ち着きます。

もちろんWi-Fiもあり、
より速い速度が必要ならLANケーブルも接続可です。
(ケーブルはフロントで貸出)

さて、セッティングが完了し、15時30分ごろから作業スタート。
静かだし、照明も蛍光灯ではなく白熱の温かい感じで、
正直言って、すごく落ち着きます。
カーテンをあければ外光も。




ビデオ会議をやっても、
もともと綺麗な部屋なんで、片付けたり、
背景を気にする必要もありません。

ビデオ会議がなければ、
ドーミーインの部屋着でもっと楽な格好で仕事をすることもできますね。



くつろぐ=仕事がはかどる、
そんなプラス思考になるのも、
在宅といいながら、ホテルを使う大きなメリットかもしれません。

なんとなく17時半頃にお腹が空いたので、
コンビニで買ったカップラーメン。
こういう事態の時って、なぜかカップヌードルがしっくりきます。



で、食べながら、amazonプライムで見ていたドラマの続きも
部屋の大画面テレビで見ることもできるし、
これは快適です。



で一息ついたら、アメニティの歯ブラシで歯磨きして、
また仕事…と思いきや、
眠くなったので、ベッドにそのままごろんで、ちょっと仮眠。



たった15分ほどでしたが、
少し横になるだけで、めちゃくちゃカラダが楽です。

さて、仕事の目処を20時と定めて、
再び作業開始。
あまり遅くまでやっていても効率悪い(ような気がする)し、
22時15分チェックアウトに向けて、
カラダをととのえる準備に入るからです。

そうです。
ドーミーイン には大浴場があります。

ここドーミーイン後楽園の大浴場には、
サウナ、水風呂があります。地下なので露天風呂での外気浴は叶いませんが、
事前に「サウナイキタイ」サイトでチェックすると、
ととのいスペースの椅子も十分OKとのこと。
では、
サウナ→水風呂→外気浴を3〜4セットいこうかな、
お風呂出たあとも部屋で少し横になる時間も考えて、
チェックアウト2時間前、つまり20時が本日の自分の定時というところです。

ってことで、仕事も終わって(終わったことにして)いよいよ大浴場へ。


↑ 写真は公式ホームページから。

↓ 後楽園の男湯見取り図(記憶で)



平日のこの時間、たまたまでしょうか。
誰もいない貸切状態です。
ちょっと優越感を感じながら、
サウナ、水風呂、外気浴のサイクルを重ねるうちに、
無事にととのいました。

しかも、奥の「あつ湯」の隣の椅子でぼんやり天井を見ていると、
何やらゆらゆら光が揺れています。
天井の照明があつ湯の湯面に当たり、それがまた天井に反射してゆらゆら。
湯口から定期的にお湯が勢いよく流れ落ちるので、
さらにゆらゆら。
ととのえ効果も相まって、まるで水中から水面を見上げているような気になります。
(お風呂なので写真撮影できなくてすみません)

とにかく、
お風呂やサウナ好きなら、ドーミーインのオフィス使いは素晴らしい環境です。
出張のときはもちろんですが、
こもって仕事をしたい時なら、
デイユースもありだと改めて認識しました。

経済的にしょっちゅう利用することは叶いませんが、
せめて月に一回は、こういう籠り仕事&サウナをやってみたいと
心の底から思ったのでした。


次回は息子のお守りに疲れている奥さんに、
使ってもらおうかな…
いやいや温泉好きの息子も連れてこようかな、なんて思いつつ。



あ、後楽園には、大浴場と同じフロアに、
漫画コーナーもあり、マッサージ機やくつろぎソファーも充実。




大浴場出たところに、自動販売機。



次は仕事時間が減りそうです。


でも…

「自宅じゃ仕事できないので、ホテルに来てテレワークやってます」
これですべて解決!


結果的に、プラン名通り、とてもRefreshしたのでした。


----------------------------------------

いかがですか?
たとえ宿泊じゃなくても、
いろんな使い方をしていただけるのは、
DOMINISTAとしてとても嬉しいです。



棟によって、
24時間いつでもチェックインOKの8時間プランなど、
滞在時間やチェックイン時間や価格もそれぞれあります。

ぜひ、いろいろ使い分けてみてください!