DOMINISTORE

2019/10/24 10:20

今秋、ひょんなことから、スムージーライフはじめました。

夏休み最終日。
なぜこのタイミングで…!?
という、息子の原因不明の高熱がきっかけだったんですが、
食欲もなくて水分とるのがやっとだった彼は、
2日間ほどこのにんじんスムージーで暮らし、
まぁ無事に元気になったのですが…

その後も朝起きぬけに一杯。
私もハマって飲んでいるのです。
朝、まだ寝ぼけている頭がシャキッとし、
よし!がんばるかーという気持ちにさせてくれるのです。

この写真に、​開発中の商品見本も…


時間がない朝も、これさえ飲んでれば元気。
もしかしてスムージーって朝食代わりになるのでは…?
って、いやいや違う
そもそも朝食代わりに開発されたものだったということを忘れてた。

続けている、というより続いちゃっている…
そのからくりは、ひとえに素直な〝おいしさ〟
それから、素材の持つ自然のチカラをできる限りそのまま
ということで、余計なものを加えずに品質を保つため、
とことん加工方法にこだわった
開発担当者と加工工場さんの努力を知っているから。

 
じつは、かあちゃんいんこも初代THE TOKYO SMOOTHIE開発時に
ちょっとだけ関わっていたんです。
といっても、開発担当者に「できるだけ!余計なものはいれないでっ」
とお願いしただけなんですが…(笑)

何事も継続するには〝安心感〟って
大きなポイントだなぁとつくづく思いました。

も、ちょっと聴いてもらえますか?
このスムージー開発にあたり、
DOMINISTORE事務局スタッフが生産農家さんに
開発担当者と取材に行った際、
このふかうら雪にんじんの生を何本かおすそわけにあずかりました。

そのにんじんがあまりに甘くて、美味しくて。
さらにびっくりしたのが、
(もったいないのでラップにくるんで冷蔵庫に保管し
ちびちび使っていたのですが)
いつも人参って冷蔵庫の中ですぐにしなびて茶色くなっちゃうのに
このにんじんは、かれこれ1か月以上!
しなびることもなく瑞々しさを保っていたんです。

雪の下で保存されていたから低温に強い…?
ということでしょうか…?
とにかくその生命力というか、食べ物の持つパワーに感動したことがすごく記憶に残っています。
 
で、最後、ヘタのところを切って水につけておいたら…
見てみて!こんなに元気。
この葉っぱも10cm位までに成長したところで
刻んで薬味として美味しくいただきました♪

ちなみに、このスムージーに出逢うまで
長男は
「にんじんってさ、存在する意味わからないよね…
栄養と彩りのためだけ?
いや食べられないことはないけどサ、くせが強すぎるでしょ!
何に入ってても味全部にんじん味に変えるよね!?」
と超のつく〝アンチ人参派〟だったことも付け加えておきます。

次男は、まだ美味しさに目覚めてません。
いつも「一口だけ」です(笑)

そんなわけで、かあちゃんいんこ家のスムージーライフ
しばらく続きそうです。