DOMINISTORE

2019/08/18 12:24

石選びを終えた“大工さんチーム”は、
石材会社さんのご厚意で採石場へ。
ここから、ドーミーイン高松中央公園前に使われる石材が生み出されます。
もちろんその石材は、大浴場だけではなく、
“ご当地の材料”をふんだんに使うべく、館内さまざまな場所を飾ります。


この日は発破(いわゆるダイナマイト)をかけたりする作業はありませんでしたが、
それでも圧巻です。

「岩には、摂理と呼ばれる筋のようなものがあります。お肉のスジのようなもんでしょうか(笑)。それは場所によって東西、南北いろいろあって、その摂理を見極めながら、発破をかけていきます。
 うまく仕掛けないと、せっかくのいい石が傷物になっちゃいますからね」と、採石場の方からご説明いただきました。



ここで採取された石材は、加工場へ。
ドーミーイン高松中央公園前で使用する、
壁面用の素材の加工真っ只中でした。



このようなダイヤモンドカッターなどを使って、
ハムのように、石をスライスしていきます。



こちらはワイヤーカット。
摩擦熱を水で冷やしながら切っていきます。
写真では見づらいですが、右下にかすかに見える黄色い線がワイヤです。



こうしてスライスされた石は、
最上階にある大浴場フロアの壁面に使われています。(写真奥)




ここ高松は石の名産地、
街はどこも石材会社さんばかり。なかなかの迫力です。




さて次回は、
いよいよこの日に選んだ石を組み上げていく作業。
さまざまな部分に、大工さんチームのこだわりと配慮を施します。


<おまけ> 〜石材会社さんにて〜

高松産まれ、でしたか…

【ドーミーインの大浴場 石のこだわり①】
【ドーミーインの大浴場 石のこだわり③】
【ドーミーインの大浴場 石のこだわり④】